宿泊施設について

多くの方が気になるのが、宿泊施設でしょう。宿泊施設は教習所により差があります。相部屋の教習所もあれば個室の教習所もあり、食事に関しても条件が違います。自炊で済ませる場所もあれば、3食付きの場所もあります。やはり一番高い条件となると、個室で3食付の場所が一番高額となります。安さを考えるのであれば、相部屋や自炊施設のある合宿免許プランを探すことが望ましいでしょう。三食、自分好みの食事が出来て、安く免許が取れるなんて自炊が出来る人には大変お得なプランです。(推奨サイト|自炊の出来る合宿免許ー合宿免許ハンター)

しかし、自炊が得意な人は良いですが、自炊が苦手な方であれば、食事がついていた方がおトクな場合もあります。自炊が苦手な方はコンビニ弁当を購入するケースが多いですが、コンビニ弁当を購入するより、宿泊施設で提供される食事のほうが安上がりな場合もあります。かかる費用と相談しつつ、宿泊施設をどのように利用すればいいのか検討してみましょう。教習所によってさまざまなプランを用意しているため、自分に合った場所を選びましょう。

時期によっては、キャンペーンをおこなっている場合もあります。キャンペーン期間を狙うことも、教習所をおトクに利用する賢い方法です。そして、入校が相次ぐ年度末は予約が殺到し、希望していた条件で入校できない場合もあります。希望通りの条件で入校したい場合は、混み合う時期を避けるか、早めの予約が必要です。

免許の取得は早めに

合宿による免許取得であげられるメリットは、短期間で免許取得が可能なことです。合宿免許取得の場合、約2週間で免許取得ができます。高校の卒業を控えた生徒や大学生など、いち早く免許を取得して車に乗ってみたいと考えている方は、多いのではないでしょうか。

高校生であれば、卒業旅行を計画している方が多いと思います。そんなときに免許を持っていれば、卒業旅行の行動範囲が広がり、有意義な卒業旅行を楽しむことができます。高校で免許を取得せず、そのまま進学した大学生にも、合宿による免許取得は人気です。何故なら、大学生は3、4年生の学生生活終盤に差し掛かってくると、就職活動に追われてしまい、免許取得に割く時間がなくなってしまいます。加えて、就職活動をおこなう際に、運転免許を持っていれば就職活動を有利に進めることができます。企業に採用された場合、車の運転を求められることがあるためです。通勤のために免許を求められることもあれば、企業で車を使用する場合もあります。このように考えると、車の免許は早めに取った方がよいでしょう。そのような理由で、高校生の内に免許を取得できなかった方は、まだ就職活動が活発ではない大学1、2年生のうちに免許を取得してしまう方がほとんどです。

合宿免許取得は安い

合宿による免許取得が安い理由のひとつとして、教習所側のペースで講習を進められる点が挙げられます。教習所に通う場合であれば、予約を入れた後に教習所側が時間の調整をおこなうため、手間がかかります。また、生徒側から突然の予約キャンセルの申し出があることも少なくないケースです。さらに、繁忙期になると講習時間をずらす手間も増えます。加えて、教習車の空き台数も考慮しなければいけません。しかし、合宿による免許取得であれば、免許取得のみの目的で泊り込むため、教習のキャンセルはありません。そのため、教習所側が教習の日程調整をしやすくなります。

もうひとつの安い理由は、受講生側が通いやすい立地に教習所を建設する必要がなく、土地の安さや教官の利便性を重視して教習所の立地を決められることです。通学が前提となれば、受講生が通いやすい立地を考える必要があります。受講生が通いやすい立地ということはアクセスがよいところ、つまり、土地の値段が高くなってしまいます。この問題も、泊りがけということであれば通学の必要はないため、土地の安さを優先して教習所を建設することができます。これらの理由から、安価で免許取得を実現することが可能となっています。

運転免許取得費用

運転免許は、基本的に教習所をでた後に、運転免許試験場で試験を受け、晴れて免許取得となります。相場は22万円から35万円となっています。ほぼ、技能教習にかかる費用で占められていて、ほかは入学金や試験代金などが費用に含まれます。このように、費用は高額となります。そのため、できる限り費用を抑えたいと考えている方が多いです。当サイトでは、運転免許取得費用を安く抑える方法について紹介しています。

運転免許を取得する場合、大半の方は車を購入した後に運転をするという目的があります。車の費用は新車だと100万円単位、中古車であっても約20万円からと安い買い物ではありません。加えて、中古車は、車検費用がかかる場合もあり、新車中古車問わず維持費も必要です。このようなことを考えると、尚更運転免許にかかる費用はできるだけおさえ、車の購入や維持費用に回したいものです。

運転免許取得にかかる費用をおさえる方法として、合宿による免許取得があげられます。合宿免許取得は安値で取得できることが多く、前述の教習所に通学する場合の最低額22万円よりも下回る場合がほとんどです。何故、これほどまでに費用が安くなるのでしょうか。大きな理由としては、教習所のペースで講習を進められるからです。教習所に通学するとなれば、自分の都合のよい日を選び、教習所に予約を入れます。しかし、この場合だと教習所に通学している受講生のペースに合わせて動かなければならなくなり、教習所側の負担が大きくなります。