運転免許取得費用

運転免許は、基本的に教習所をでた後に、運転免許試験場で試験を受け、晴れて免許取得となります。相場は22万円から35万円となっています。ほぼ、技能教習にかかる費用で占められていて、ほかは入学金や試験代金などが費用に含まれます。このように、費用は高額となります。そのため、できる限り費用を抑えたいと考えている方が多いです。当サイトでは、運転免許取得費用を安く抑える方法について紹介しています。

運転免許を取得する場合、大半の方は車を購入した後に運転をするという目的があります。車の費用は新車だと100万円単位、中古車であっても約20万円からと安い買い物ではありません。加えて、中古車は、車検費用がかかる場合もあり、新車中古車問わず維持費も必要です。このようなことを考えると、尚更運転免許にかかる費用はできるだけおさえ、車の購入や維持費用に回したいものです。

運転免許取得にかかる費用をおさえる方法として、合宿による免許取得があげられます。合宿免許取得は安値で取得できることが多く、前述の教習所に通学する場合の最低額22万円よりも下回る場合がほとんどです。何故、これほどまでに費用が安くなるのでしょうか。大きな理由としては、教習所のペースで講習を進められるからです。教習所に通学するとなれば、自分の都合のよい日を選び、教習所に予約を入れます。しかし、この場合だと教習所に通学している受講生のペースに合わせて動かなければならなくなり、教習所側の負担が大きくなります。